ゆい鍼灸整骨院|HOME > ニュースレター ゆいまーる

ニュースレター ゆいまーる

縁ある全ての患者さんへ   2010 薫緑  
「ゆいまーる」とは お互いの大切なつながりやご縁を意味する とても素敵な言葉です。
こんにちは! 院長の由井です。 3月から4月にかけて、例年になく天候不順の日々が続いたように感じます。
  日々の気温差が5℃を超えると自律神経系にストレスがかかり始め、気温差が10℃以上になると自律神経の疲労が蓄積し、敏感な人は抵抗力・免疫力の低下を起こします。
  季節の変わり目に体調を崩す方が多いのはこのような理由があるからです。ようやく陽気も安定し、これから梅雨入りまでは一番陽気の良い季節です。快適に過ごして、健康を整えましょう。 
  さて5月の連休、いかが過ごされたでしょうか? 私は、連日自宅の大掃除をしていました。
日頃サボって(大人げ無いなぁ)いると、いつの間にかガラクタが増えてしまいます。 いつの間にか巨大化した「ガラクタ陣地」を撤去するため「捨てる・増やさない・使ったら片付ける」など、片付けの基本に戻って4日間悪戦苦闘、多少は改善(?)し、家庭内の平和(!)も戻りました。 さっぱりすると気分も快適・体調も快適・季節も快適です。 この時期に大掃除をして実感しましたが、日も長いし、暖かいし、衣替えも同時に出来るし等々、年末よりも作業がしやすく、はかどるので皆さんお薦めですよ。
<院長のお出かけ日記>

最近、テレビで話題のパワースポットに興味が出て、訪ねるようにしています。 連休前には、加藤清正が自ら造営したとの伝説もある、明治神宮の「清正の井」に行ってみました。携帯の待ち受けにすると運気が上昇すると評判で、一番混雑した時は5時間待ちだったそうですが、開門前に少し並んで、無事入ることが出来ました。神宮の杜の奥に、朝日を浴びながら穏やかに水を湛えている井戸には、若い男女から少し年上の方まで様々な人が静かにお参りをしていました。まるで都心に居る事を忘れさせるような静寂な空間に、ゆったりした時間を感じ、心も洗われる想いでした。

 先日は越後のパワースポット「弥彦神社」に向かいました。最近何度か旅行番組などで紹介されていたので、一度行ってみたいと思い、朝飯を食べてゆっくり出発、片道約300キロの道のりは日帰りにはちょっとハードでしたが、立派なお社に詣でた後、ロープウェーで背後のお山に登り、遠くに雪山を控えた田園風景と日本海の向こうに佐渡が見通せるとても穏やかな一日でした。道中の谷川連峰や八海山など、まだ頂に雪をかぶっている山々もあって何か日本列島の原風景のような懐の深さと、季節のありがたさを実感する、そんな一日でした。お土産は「塩するめのてんぷら」「醤油おこわ」「カレー味やチーズ味、チョコ味の柿の種」が面白いですよ。

 パワースポットのおかげ!で気持ちも新たに院長を始め、皆様の健康をサポートする元気スタッフ一同、今月も明るさ一杯で取り組みます。 どうぞお気軽にご来院・ご相談下さい。