夏バテ・秋の不調 にご注意!

 秋の疲れを解消しましょう

今年の夏は8月後半から雨の日が多かったですね。 またここ数日は朝晩の気温が下がってきました。 睡眠には快適な陽気になってきましたが、日中はまだまだ蒸し暑い日が多いですね。 
低気圧や台風が多かった今年の夏はお身体に疲労が溜まっている方も多いようです。 以前と比べて残暑の時期が長く、また朝晩と日中の気温差が大きいこの時期は夏の疲れが表面化しやすくなります。 また天候不順などの影響で、10月頃まで夏バテならぬ秋バテ状態になってしまう人も多いようです。 体力の低下や疲労感が取れないなどの症状に悩む人もいると思います。 
秋以降の身体にダメージを残さないように入浴方法や食事を改善して、この秋は心地よい日々を元気に過ごしましょう!

 あなたの疲労度をチェックしましょう

夏を乗り越えた身体には様々な「疲れ」が蓄積しています。
あなたの疲労度チェックリスト


  □  「なんとなく疲れていてだるさが取れにくい」
  □  「寝起きがすっきりしない・睡眠が足りない」
  □  「冷房をよく使用していた」
  □  「冷たい飲料をたくさん飲んでいた」
  □  「めまいを感じる」
  □  「おなかの調子が整わない・チャプチャプする」
  □  「紫外線をよく浴びていた」
  □  「お風呂はシャワーで済ませていた」
  □  「最近、足がつりやすい」
  □  「冷たい麺類などあっさりしたものやのどごしが良いものを食べることが多かった」
  □  「水分を十分に摂っていなかった」
  □  「ストレスを強く感じる」
  □  「お腹が冷たい」
  □  「足がむくむ」
  □  「肩こり・頭痛が増えた」

いかがでしたか? 当てはまる項目が
2個以下 の人  青信号です おおむね大丈夫
3から5個の人  黄色信号です 要注意です、体力が低下すると影響が大きく出てしまうかも
5個以上 の人  赤信号です さっそくケアして体質・体調の改善をしましょう

 シャワーよりも湯船を楽しみましょう

まずは入浴方法の見直しをしましょう。

入浴習慣を改善しましょう。夏場は暑いからと、シャワーだけで済ませていなかったでしょうか? これからの時期は、湯船にホッコリと浸かる事で疲労回復に効果があります。
湯船を活用する事で「冷房冷えの解消」「全身の血流促進」「心身のリラックス」など様々な効果が得られます。 血流が良くなる事で、身体の末端まで栄養や酸素が行き渡り、さらに傷んだ細胞の修復や老廃物の代謝も促進されるので、疲れが取れやすくなります。
冷房を多用する事で身体が冷えると、外の暑さとの温度差が負担となって自律神経疲労を起こして疲れが出やすく、取れにくくなるため、お湯でリラックスする事はこれからの時期にとても大切なポイントとなります。 
また、湯船に浸かる事で汗腺が開き、体臭の原因である皮脂汚れも取れやすくなります。
お湯の温度は38~39度の微温浴にして下さい。 入浴時間は10~15分までが良いでしょう。 湯船に浸かるのが苦手な場合は、心地よいと感じる温度にして、時間は短めでも大丈夫です。 おでこから汗がうっすらと出てきたら程よく温まった証拠です。 炭酸発砲タイプの入浴剤を使用すると「温まり促進作用」と「芳香作用」との相乗効果でさらにリラックス度がアップします。
 入浴のタイミングも大事なポイント。 就寝の直前に入浴するよりも1~1時間半程度空けてから寝る方が、余分な火照りも取れて睡眠の質も良くなります。
もう一つ大事なポイントは、まだこの時期は発汗も多いので入浴前後には十分に水分を補給しましょう。 

 入浴の楽しみ方

 疲労回復に効果的な食事法をしましょう

食材はこの季節も麦茶とブタ肉がお薦め

食生活も改善しましょう。 おすすめは麦茶、ブタ肉です。 この夏、食欲が落ちていた方、サッパリひんやり食材が多かった方は要注意です。 食生活のバランスが乱れると数か月経ってから身体の不調として表面化します。 疲れが取れなかったり、これから初冬にかけて風邪を引きやすい方は今から食生活を見直しましょう。 キーワードはビタミンB1と「温食」です。

まず、キーワードになっているビタミンB1の作用をご説明します。 疲労回復に効果的なビタミンです。
私たちの食事では主食のご飯やパンの中にたくさんのでんぷん、すなわち糖質が含まれています。 糖質はとても大切なエネルギー源ですが、これをエネルギーに変えるためにはビタミンB1の作用が必要です。 糖質をたくさん摂取しますとビタミンB1が消耗してしまいます。 すると脳や神経の栄養となるブドウ糖が十分に作られず、集中力が低下したり、疲労感が強くなったりします。 
さらに筋肉に蓄えられたグリコーゲンをエネルギーにして私たちは活動をしていますが、ビタミンB1が不足しますと、グリコーゲンが完全燃焼できなくなり、これも疲労感を強くしてしまいます。

次のキーワードは「温食」です。 今までの時期は冷たいさっぱりとした物をたくさん飲食しましたよね。 冷たい食材や飲み物はほどほどに。 やはり火の通った食べ物が冷えを解消して、内臓機能を回復させます。 
加熱する事により、食材のうま味がミックスされ一層おいしい料理となりますし、消化吸収も胃腸の負担が少なく、内臓の疲労回復に効果があります。 飲み物は人肌かホットで飲むのがおすすめ、ビールやアイスコーヒーもグラスの周りに水滴が付くくらい、5分ほど室温に馴染ませてから飲むようにしましょう。

さて、一つ目のお話し、例えば皆さん暑い時期には麦茶を飲みますよね。 麦茶は疲労回復に効果的なミネラルとビタミンB群が豊富ですし、弱った胃の粘膜の保護にも効果があります。 
また漢方では身体の火照りを冷ます作用があり、同時に利尿作用があるので「水毒(=むくみ)」の改善が期待できます。 ノンカフェインですので神経を興奮させる心配がなく寝付きの妨げになる事もありません。 
夏だけでなくこれからの季節にもとてもふさわしい飲み物と言えます。 秋になったら常温またはホットで飲むのがおすすめです。 できればご自分で煮だして作りましょう、ビタミン・ミネラルはさらに豊富になります。


次に、二つ目のお話しはブタ肉です。 ビタミンB1と良質なタンパク質が摂取できます。 ブタ肉のビタミンB1含有量は牛肉の数倍に及び、食品の中でもトップクラスです。
ビタミンB1は水溶性ビタミンなので、水で洗ってしまうと減少してしまいますが、その点ブタ肉なら大丈夫。 調理する時はショウガやニンニク、ネギなどの香味野菜や、発酵食品の味噌や甜麺醤を下味・隠し味に使うと豊富なビタミン・ミネラルの相乗効果でさらにアップ、風味良く食事をおいしくする作用があるので食欲増進にうってつけです。  たとえばブタのショウガ焼きや薬味と野菜たっぷりのブタのしゃぶしゃぶ、あるいは豚汁やカレー、シチューなど煮込み料理がおすすめレシピです。
さらに私たちの身体に不可欠なタンパク質も上手に摂取しましょう。 皮膚や筋肉、爪、血液などの材料になるタンパク質は身体に不可欠な栄養素です。 特にタンパク質を分解した「アミノ酸」の中には人体内で合成できない「必須アミノ酸」が9種類あって、これらは食材から摂取するしかない重要な栄養素です。 肉や魚・大豆がタンパク質の豊富な食材ですので、この点からもぜひブタ肉を上手に食べましょう。
食事の際、気を付けたいのが、
① 飯やパン、麺類などの糖質を含む主食
② 肉や魚、卵、大豆製品など、たんぱく質や脂質を含むメインのおかず
③ 根菜や緑黄色野菜・葉物野菜に代表されるビタミンやミネラルの豊富な野菜中心のおかず
この三つを毎回バランスよく食べられると良いのですが、毎回は難しい場合には1日の3食全体でうまくバランスを取るようにしましょう。 そうめんだけ、肉だけ、など偏った食事は、疲労を招きやすくなります。

 ゆっくりとリラックスしましょう

最後に、自律神経の疲労が出やすいこの季節は「リラックス」も重要なキーワード!ストレスをためないようにして、時間にもゆとりをもって行動すると良いでしょう。 何よりもおいしい食事とゆったり入浴でお身体のリセットをして下さい。
体温調節は自律神経の作用により、血管を拡張したり発汗を促したりしてコントロールしますが、冷房と外気との温度差や、朝晩と昼間の気温差が大きくなると体温調節機能がうまく働かなくなり、自律神経の疲労を起こし、体調不良の原因となります。
具体的には冷え症の悪化、手足の冷え、首肩コリ、だるさ、むくみなどが生じます。
室内と外気の温度差は、自律神経が対応しやすい5℃以内にしましょう。
就寝時は長袖の寝間着(薄いものでよい)を使い、内臓を冷やさないように布団・タオルケットを掛けましょう。

 冷え症にはタイプがあります

・肩痛 腰痛 ひざ痛 に悩んでいる
・しつこい 慢性痛 が残っている
・頑固な コリ だるさ 疲労感 が出やすい
冷え性 や 足のむくみ がつらい
・代謝の改善とアップ効果
・自律神経のバランス改善
地域初導入!のラジオ波治療器です。
大きく4つの治療方法に対応できる、最新式の効果的な機材であなたも体調の改善をしませんか?
・コリや疲労を深層部から溶かしてゆくじんわり温熱モード
・膝や腰の慢性的な疼痛に対し、筋肉・関節の柔軟性を改善してゆくおだやか温熱モード
・冷え症の改善に血流をアップしてゆく血行促進モード
・急性の疼痛に対応した非熱除痛モード
ラジオ波療法とは?
ラジオ受信に使用する波長に近い、効果的な波長を身体に照射します。 この波長の特性として体内の数十センチの深さにまで及ぶ充分な深達度があり、また毎秒30~50万回(!)という超高速の反射により、身体の深部で細胞の分子レベルでジュール熱(摩擦熱)を直接発生させ、その組織を直接温熱できる画期的な治療法です。
今までの温熱治療との決定的な違い
例えば赤外線を照射する、ホットパックをのせるなど今までの温熱治療はどれも表面からの伝導熱でした。 これは入浴やコタツ、カイロを使用する場合の日常の温熱法も同じことです。 今までの温熱法は全て伝導熱ですので、表面は温まっても深部はなかなか充分に温熱を届けることが難しかったのです。 これに対しラジオ波は筋肉組織の中心部で温熱を作り出しますので、コリが、疲れが、冷えが溶けてゆく新感覚に皆様から大変好評を頂いております。

 ラジオ波による圧倒的な温熱の心地良さ

今までの温熱療法器
「表面から段々と熱を加える」方法
(例えば、赤外線・カイロ・ストーブなど)
伝導時間がかかったり、温熱持続時間が不充分だったり、などのデメリットが。
ラジオ波深部温熱法
身体の内部に「直接温熱を作り出す」
唯一の方式 を採用
「微細振動摩擦熱」理論を応用し、毎秒30万~50万回の超高速微振動を体内で発生させる事により、「治したい部分への直接深部温熱」が可能になりました。

 コリ・冷え・疲れを解消!

患者様からの喜びの声
・週1回で肩こりが楽になりました(K様 女性)
・首痛・シビレが取れてきました(M様 女性)
・ケア後の疲労回復・持続が今までで一番快適に感じる(Y様 男性)
など、嬉しいご感想を続々いただいています。
ソチオリンピックや仁川アジア大会、Jリーグでトップアスリートのサポートセンター・各チームで採用中の最新機種です。使用実績も大好評でした。
当院ではこの度、地域初!「最新式 ラジオ波深部温熱機器」を導入いたしました。
腹部ベルト温熱療法 冷え性や代謝の改善、自律神経のリラックス効果を促します。
プローブ 温熱療法 コリや疲れ・痛みを溶かすようにじっくりと解消してゆきます。
非熱モード 療法 急性損傷に対し、早期改善・治癒を促します。(ギックリ腰や突き指などへの施術法)

疼痛の緩和・関節可動域の拡大・コリの改善に!

冷え症・慢性痛の改善、代謝アップに!

 料金のご案内 各税抜き価格

お試しコース 片手サイズで 1,000円(施術時間 約6分)
例えば「普段の治療に首まわりの温熱療法をプラスしたい」などの方におすすめ!
当コースは、保険診療や、鍼灸・整体など、他の診療をお受けになった方への「追加コース」となります
お手軽コース 両手サイズで 1,500円(施術時間 約9分)
例えば「首から肩までもう少し広範囲に温熱療法したい」などの方におすすめ!
当コース単独でもご利用いただけますが、他の診療との「追加」としてご利用いただく方が、さらに効果がアップしておすすめです。
お手軽コース
(こちらからは
「ご予約優先」です)
15分 2,000円
例えば「首から肩、背中までしっかりと温熱療法したい」方におすすめ!
おすすめ 肩こり・腰痛などに!
25分 2,500円 
満足 コリの強い方・冷え性の方に!
40分 4,000円 
例えば「首から肩、背中から腰まで広く全体をじっくり温熱療法したい」方におすすめ!
大満足 代謝アップ ダイエットに!
※「もっと長く!」をご希望の方は5分延長につき、500円の追加料金です。